理想的な仕事なんて探してもどこにもないのかもしれない

DIY工具 仕事

今の仕事に向いているのかわからなくなった時、

仕事に慣れて飽きてきた時、

子どもが生まれて思うように働けない時、

全然希望してなかった仕事をやらされてやりがいが感じられない時…。

 

楽しめるような仕事をしたい、職場環境や人間関係が良好な職場を目指したい、と転職することは、いいことだと思うんです。

特別なことでもなんでもなく、働く人のごく健全な望みです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

理想の仕事に巡り合うのは難しい

やりたいことを仕事に!となったら起業とかするほうがいいんでしょうが、たぶん超小心者で心配性で、ちょっとしたことで胃腸がすぐやられる私には、自分でビジネスを始めるというのはちょっと向いてないかもしれない。

資金繰りとかいろいろ考え始めたら、夜眠れなくなっちゃいそうだから。

 

だから一応「勤め人」としての仕事を探すわけなんですけども。

ただ、転職してきて確信を持ったのは、そうはいっても、そんな理想的な仕事に巡り合えるのはなかなか難しいんだな、ということです。

結局のところ、問題は自分にある

一つの職場が長く続かないとか、理想の職場を求めて転職を繰り返すのは、ブラック企業を除いてですけど、職場や仕事内容に問題があるのではないと思うんです。

たいていの場合、自分自身の仕事に対する姿勢の問題だと思うようになりました。

要するに、つまらない仕事、自分に合わない仕事に不満を感じている人が転職しても、たぶん新しい職場でも、いつか同じような壁にぶつかるんです。

 

それよりも自分から、仕事内容をちょっと工夫してみよう、楽しめるものに変えていこうという前向きな心がまえでいないと、なかなか長続きさせることは難しいと思います。

 

なんでもそうですけど、「自分がコレをやりたい」と思うとき、そうした環境やチャンスが上から降ってくるわけではないんですよね。

かぼちゃの馬車は勝手にやってきません。

自分が動かないと、たぶんその時は一生来ません。

理想の仕事に近づく職探し

仕事を探すとき、たいていは「求人案内」を見て、そこに出ている仕事から、通勤できる範囲とか、待遇とか、仕事内容などの条件を見ながら、選んで応募する、というのが普通だと思います。

 

これ、何かに似ていると気づきました。

住むところを探すときです。

賃貸住宅を探すとき、中古の分譲マンションなんかを探すとき。

物件情報を見ながら、立地とか家賃とかいろいろな要素を考えると思います。

でも部屋の内装って、よほど個性的なデザイナーズマンションとかでない限り、どれも似たり寄ったりではないですか?

 

それで最近、古くなったアパートやマンションを自分の好きなようにリノベーション(単に新しく見せるリフォームではなく)した物件に人気があったりします。

「住みたい部屋がないなー」と思った人たちが、大家さんの許可を得て、「自分が住みたい」部屋へとDIY(自分でつくる)などで改装して住んでいるんですよ。

そういうこだわりのある部屋だと、愛着も湧くし、ちょっと駅から遠くても自分だけの城のような気分を味わえますよね。

結果、よほどのことがない限りは引っ越さずに長く住み続けられる家になる、という。

 

仕事についていうと、雇用契約の範囲内の「既存の、従来通りの、お仕着せの」仕事をするのが当たり前、と思ってしまいがち。

どこで仕事してもたいして違いがないから、ちょっと嫌なことがあったり、もっと条件のよさそうな職場があったらそちらに目移りして長く続かない。

 

だから長く安定して仕事を続けるには、自分で「仕事を面白くする」という頭に切り替えることが必要だと思うんですよね。

つまり「理想とする仕事なんていくら探したって出てこないのだから、自分でDIYして作ってみよう」ってことです。

「いってみよう やってみよう」ですよ。

ポッケ、ポッケ、パピプペポーッケーですよ。

覚えてますか、皆さん、子ザルのポッケ。

話がそれました。

 

もちろん、世の中には「勝手に内装変えられちゃ困ります!」という大家さんがいるように、「与えられた仕事以外、余計なことはするな!」という会社だと、それも難しいこともあるので、仕事を選ぶときはその辺の会社の風土やおおらかさを見極めることも大事ですね。

いずれにしても、仕事をしていくなかでちょっとはみ出しても大丈夫そうなら、いやダメと言われても、試しにやらせてみてくださいというくらいの姿勢でいないと、理想とする仕事にしていくことはできないのでしょう。

ちょっとここに棚があったら便利だな、作っちゃえとか。

この壁紙、前からなんかダサいと思ってたんだよな、張り替えちゃえとか。

このやり方でずっとやってきたけど、こうしたらもっと効率的じゃないかとか。

うちの部署だけではできないけど、あっちの部署と組んだらもっと大きなコトが起こせるんじゃないかとか。

欲しいものがこの世にないんだったら、自分たちで作っちゃえ。

そんなノリで、仕事や職場を自分の居心地のいい楽しい場所に近づけていけるといいですね。

 

 

↓全国のワーママ奮闘中

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

 

↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムの事務職です。
夫と男児2人(小学6年生、1年生)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
仕事
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント

テキストのコピーはできません。