おお、悲しき海外単身赴任

空港で独りぼっち仕事

職場で斜め上の先輩が、この夏に海外へ赴任されます。

ご家族がいらっしゃるので、てっきり帯同されるのかと思いきや、お一人で行かれるそうで。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お父さん、行ってらっしゃい

小学校低学年の娘さんがいらっしゃるお父さん。

ご本人はわりとのほほんとされていますが、奥様がけっこう教育熱心な方らしく。

お子さんは私立の小学校を受験して、見事合格し、通われています。

 

先輩とはたまに子育てトークをするのですが、お話を伺うに、頭が賢いのに加え、結構な凝り性だったりして、かなり個性的なお嬢さんらしいです。

私立学校の自由な校風にマッチしたのか、学校生活を楽しんでいる様子。

 

ご家族にお父さんの海外赴任の話をしたとき、お嬢さんからは、間髪入れずに

「私、行かないから」

とバッサリいかれたようで。

「そんなにきっぱり即答しなくてもいいのにね・・・」

と苦笑いしながら話す先輩の目に、涙が浮かんだように見えたのは私の気のせいでしょうか。

結局、奥さんとお嬢さんを日本に残し、お父さんは単身赴任で旅立つこととなりました。

悩ましい駐在員子女の教育問題

弊社、海外拠点が多いので、多くの同僚が毎年海を渡っていきます。

家族を持って数年経ったご家庭で皆さん直面するのが、子どもの教育の問題。

海外に学齢期のお子さんを連れて行く場合、

  • 日本人学校に通わせる
  • インターナショナルスクールに入れる
  • ガチで現地の子どもたちが通う学校に通う

という選択肢から、子どもや親の希望、教育方針によって選んでいかなければなりません。

子どもたちは言葉や文化が違う環境に放り込まれるわけなのでそれなりのケアが必要です。

帰国後のことも考えて母国語である日本語能力も維持しなければいけない。

いざ日本に戻ったときに受験はどうする?なども心配。

正直、傍から見ていて結構大変そうです。

 

一方、お子さんが私立や国立の学校に通われているご家庭の場合。

一度帯同されて赴任しても、在籍日数など学校の規則にひっかからないギリギリのところで早めにご家族だけ帰国されたり、そもそもはじめから随伴しないという選択をされる方が多いようです。

日本で苦労して手に入れた私立や国立の学籍を、そう簡単には手放せないということなのでしょう。

それはそれで、家族が離れ離れになるので、大変な面も多いでしょうね。

家族に何かあってもすぐに駆けつけられる距離ではないですし。

テクノロジーは日進月歩・・・でも家族は一緒がいい

技術が発達したことで、昔に比べれば、海外で離れて暮らす家族との心理的な距離はだいぶ縮まっているかもしれません。

SkypeやZoomなど、インターネット環境があれば画面を通してコミュニケーションが取れる時代です。

ある管理職の方は、家にいるときはiPad上でFaceTimeをつなぎっぱなしにしていて、日本の家のリビングで娘がひくピアノの演奏を聴いたり、食事の時間に合わせてテーブルについたりしているから、「思っていたほどさみしくはない」とおっしゃっていました。

夏休みなどにはLCCのチケットを手配して、日本から家族を呼び寄せて長期間一緒に過ごすこともできる時代ですし。

 

・・・とはいえ。

やっぱり家族はずっと一緒がいいよな~と個人的には思ってしまいます。

今の生活で夫でも私でもどちらか一方が飛ばされてしまったら、日本に残された方も一人で子どもたちとの生活を回していける自信がありません。

もう本当に毎日がいっぱいいっぱいで。

 

私がやり忘れた家事をフォローしてくれる夫がいなかったら、わが家はもっとぐっちゃぐちゃです。

今日も子どもたちの習い事用にスポーツドリンクを作り忘れた!と思ったら、

「ポカリの粉が切れてたから、麦茶用意しときました」

というLINEがすかさず来て、

「やだ、私この人と結婚したい」と思いました。

だったら心置きなく行ってこい

冒頭の先輩にも、

「奥さんワンオペになっちゃったら、大変じゃないんですか」

と聞いてみました。

すると

「まぁ、俺ほとんど家事も子育ても嫁さんにまかせっきりだから」

とのこと。

 

「じゃ、いてもいなくても同じですね。

むしろ戦力外のくせにチラチラ視界に入ってくるより、

海の向こうでがっぽり海外勤務手当もらってきてくれる

ATMに徹した方が、奥様もさぞお喜びでしょうね」

 

という言葉は、ここまで出かかったけど、すんでのところで飲み込みました。

いやー、危なかった。

 

単身赴任の会
転勤族ママ☆集まれ〜♪
転勤族の暮らしを楽しもう♪
引っ越し

↓全国のワーママ奮闘中

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムの事務職です。
夫と男児2人(小学6年生、1年生)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
仕事
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント

テキストのコピーはできません。