都内高級住宅地に起きている異変と地域のブランド

高級住宅地 仕事

都内でも屈指の高級住宅地。

お坊ちゃま・お嬢ちゃまの通う私立大学があり、そこに住む奥様は「○○マダム」と呼ばれ、あくせく働くワーママにはその響きにあこがれる人も多いのです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

街に異変が

そんな憧れの高級住宅地にお住まいの知人がいます。

おじい様の代からだそうで、広い一軒家に住んでいらっしゃるのですが、この方自身はお坊ちゃまというよりも気さくなおじさんという感じ。

あまり華美な生活を好まないので、髪は1500円カット、洋服もユニクロ、食事にもあまりこだわりがないとか。

 

そんな彼がここ半年ぐらいで気づいた、地元の街の異変。

以前なら高級ブランドを身に付けていた○○マダムが、子どもを連れて、彼のテリトリーである、低価格サービスのお店に現れるようになったとのこと。

以前はおしゃれヘアサロンに行っていたであろうママ層が、お子さんと並んで1500円のお店で髪をカットしてもらっていたり。

素敵なレストランやカフェがあるのに、ワンコインでランチがいただけるお店でママ会をやっていたり。

進む二極化

おじさん曰く、昔から祖父母や両親が住んでいたというだけでこの高級住宅地に住んでいる人の中には、下の代になるにつれて、ここでの暮らしがしんどくなっている人がいるとのこと。

高級スーパーばかりで物価もそれなりに高いし、土地の評価額がやけに高いので固定資産税も結構取られ、もう少し住みやすい街に引っ越したいというご家庭が、周辺で多くなっているそうなのです。

 

そんな住民の事情は街並みにも反映され、日高屋や吉野家などのチェーン店がどんどん進出してきている。

そしてそんなお店に、休日にもなると行列ができたりしているそうなのです。

 

もちろん、イメージの良い土地柄、ある程度お金を持った層が新たに流入してきているのも事実。

相変わらず優雅でセレブな高年齢層の住民も多いので、同じ地域の中で二極化が進んでいる模様。

金持ちケンカせず

以前勤めていた会社で、さまざまなお客様に応対する部署にいたことがあります。

そのときに感じたのは「金持ちケンカせず」だなということ。

日々、いろんな方にお会いしてお話を伺っていると、本当にこの言葉通りだと思わされることが多かったです。

 

お金持ちと一口に言ってもいろいろあって、純粋培養されてきたので『争うことを知らない』という筋金入りのお金持ちのご子息タイプ。

お話していてもなんだか「ふわっ」とした感じで、平和の白いハトが周りを飛び回っているように見えたのは私の錯覚でしょうか。

 

バリバリの会社の経営者なんかに多いのは、時間と労力をかけて互いにすり減るような無益な衝突を避け、金で解決できることは解決して、とっとと次のビジネスチャンスに移りたい、という合理的に利益を追求していくタイプのお金持ち。

 

こういった富裕層の方たちは、あまり感情を高ぶらせたり取り乱すことがありません。

とても紳士的でスマート。

たとえ何か意に沿わないことがあったとしても、理路整然と順序立てて冷静にお話になり、こちらも誠心誠意対応すればトラブルになることはありません。

 

一方、どうでもいいようなことにネチネチと文句をつけたり、何が気に入らないのかもきちんと筋道立てて説明もできないぐらい激高して、一方的に怒鳴りつけてくるお客様というのは、ほとんどの場合、お金がない方なのです。

金銭至上主義というわけではありませんが、人間としてどちらが魅力的かと考えたときに、やはりお金に余裕があるということは、心に余裕をもたらして、それが品格だったり、他人への接し方、物事への対処の仕方に表れていくんだなと妙に納得しました。

おしゃれで高級な街で

そんなことをふと思い出したのは、おしゃれな街で有名な都内の一等地に、子育て支援センターを建てるかどうかで住民説明会が荒れ、住民が役所の職員に詰め寄っているニュースを見たときのこと。

お金持ちの方がたくさん住んでいそうな街での出来事。

「金持ちケンカせず」と金回りの相関関係が成り立つとしたら、街の高級感と不釣り合いな住人も中にはいらっしゃるのかもしれません。

建設費の妥当性や、意思決定プロセスに関する疑問点を区に申し述べるにしても、大人として、もう少し言い方があるように思います。

街のイメージや土地の価値が下がることを心配しているのか知りませんが、ああいうニュースが流れることで、「あそこの住民のNIMBYっぷりヤバイ」となる方がよっぽどイメージダウンではないかと。

NIMBY:“Not In My Back Yard” (我が家の裏には御免)の略語で、「施設の必要性は認めるが、自らの居住地域には建てないでくれ」と主張する住民たちや、その態度を指す言葉。

なんか個人的には、今回の報道で、あの街を見る目が若干変わってしまいました。

 

 

↓全国のワーママ奮闘中

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

↓参考にさせてもらっています
◇家計簿*お金事情*◇
初心者のための、マネー入門!
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
**男の子のママ・パパ**
子どものいる暮らし。
子育てを楽しもう♪

プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムの事務職です。
夫と男児2人(小学5年生、保育園年長児)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
仕事
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント