早期リタイアしていく先輩たちの背中

釣り人 仕事

今年は少し、いつもと違うなあ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちょっと異変が

今年の春に退職される方が、けっこうたくさんいらっしゃいます。

もちろん大半は定年退職の方たち(うちは年度末に一斉定年退職)。

ただ、いつもと違うのは、50代の先輩方がそこに名を連ねていること。

いや、今までも早期退職される方はいらっしゃいましたが、今年は、やけに多い。

しかもバリバリ仕事してて楽しそうだったあの人が。

え、え、皆さん、どうしたの?

何があったの?

これからどうすんの?

聞きたいことがたくさんあったので、たまたま仲の良かった先輩お二人に話を聞くことができました。

リタイア後の人生 その1

まだまだ3人のお子さんが大学生や高校生の先輩。

「よく辞める決心つきましたね(っていうか教育費とかだいじょぶなんすか)」

とお酒を注ぎつつ聞いてみると、ごにょごにょ言いながら、

「まぁ、なんとか目途がついたというか…」。

まぁまぁ、飲んで飲んで。

それで、それで?

なんでも、数年前に親御さんから遺産を相続されたそうで。

それが不動産収入を生むアパート群(しかも、何棟も)だったそうで。

そりゃそうかー。

給与収入がなくなっても、それだけ入ってくるものがあればねー。

納得です。

 

退職後のプランを聞くと、最近流行りのフレーズそのまま「好きなことして生きていく」とのこと。

ワンちゃんが大好きで、ご自身も2匹飼ってらっしゃる愛犬家。

ドッグトレーナー目指してこれから専門学校に通うつもりなんだとか…。

やけに楽しそうだな、おい。

リタイア後の人生 その2

こちらは独身貴族の先輩。

秘密主義の方なので、お酒を注いでもなかなか口を割らせることができなかったのですが(たちの悪い後輩ですみません)。

どうやら投資で一定の資産を築き上げられたようです。

「退職しても何やろうかまだ決めてない」

と穏やかに話す様からは、なんとなく、心理的にも経済的にも余裕を感じます。

語学も堪能で、海外赴任の経験も豊富で、旅行好きとして有名な方なのですが、このまま海外移住でもしそうな気がします…。

こっちも楽しそうだな、おい。

未練や後悔はない

一応、希望すれば65歳までの雇用は確約されているのですが。

そんなものには見向きもせず、彼らは軽やかにこれまでの仕事を離れて旅立っていきます。

その前提条件としてはやはり、継続的に生活していけるだけの収入が確保できていること。

で、それだけなら別に定年まで待って、退職金も満額受け取ればいいじゃんとも思うのですが。

お二人とも言っていたのは、「もう、仕事する体力、気力がね~(苦笑)」。

続かないんですって。

50代。

年齢とともに重くなる責任。

組織の中での立ち位置。

規則、コンプライアンス、多方面からの風当たりは強まるばかり。

そして現場で動くよりも管理、調整、評価が主な仕事になって。

 

これまで順調なキャリアを重ねてきた先輩方も、ちょっと疲れが溜まってしんどいときや、役職定年とかでモチベーションが下がったときに考えるんでしょうかね。

「ライフシフト」ってやつを。

 

新しい生活に向けて、晴れ晴れしている先輩方の顔を見ると、ちょっとうらやましい気が。

自分もあと10数年の間に、そんな境地までたどり着けるのかな~などと考えてみたりします。

先週は株をちょっと売って5万円儲けたんですけど…。

うーん。

まだまだ道は長いな…。

 

↓こういうとこで勉強しないとね。
賢者の資産運用
MONEY、資産運用、お金の増やし方
運用成績を公開してみよう。
マネー、財テク、資産形成

↓全国のワーママ奮闘中

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

 

↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムの事務職です。
夫と男児2人(小学6年生、1年生)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
仕事
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント