今後、英語の勉強をする意味はあるのだろうか

人工知能 子育て

わたくしですが、学生のころから英語は好きな方です。

仕事でも使っていますし、学生時代からTOEICは900点以上をキープできています。

が、いわゆる英語のプロ、通訳・翻訳を生業としている方たちには遠く及ばない実力です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なかなか勉強できてない

育休中にもアルクのヒアリングマラソンとかやって、なるべく英語を忘れないように脳を鍛えたりしていました。

あ、ちなみにヒアリングマラソンは、英語のスピードがナチュラルなので、真剣にやればかなり聞き取れるようになりますよ。

でも最近は、あんまり時間がとれなくて勉強できていないんですけどねー。

技術の進歩のスピードが半端ない

さて、話は変わって、すでに数年前から言われている2045年問題。

AIが人間の知能も凌駕してしまう。

それに付随して現在私たちがしている仕事というのも、ほとんどが淘汰される運命にあるという研究結果は大きな衝撃を与えましたね。

 

先日参加したある方の講演会にて、ちょっと気になる話を耳にしました。

その方は作家さんでもあり、教育関係に携わってもおられるのですが、昨今決定した、小学校から英語とプログラミングを導入するというのは、とんでもない愚策だとおっしゃるわけです。

わが家の小5の長男は両方ともがっつり習っちゃってるわけですが。

子どもの英語教室で大恥をかかないために気をつけること
子どもは見るもの聞くもの、なんでも吸収して覚えていきますからね。家庭でも気を付けないと、外で大変恥ずかしい目に遭います。
大学入試に追加!小学生Z会レゴ・プログラミング講座の体験談
小学5年生からZ会のプログラミング講座 with LEGO Educationを受講開始しました。現在の小学生が大学受験するときは、科目にプログラミングが入ってくる!?今のうちに遊びながらプログラミング的思考を身につけられる…といいなぁ。

その方曰く、小学校でさせるべきはとにかく本を読んで読解力をつけさせる、そして日本語で考える力をつけさせる、それに尽きると。

無理やりにでも本を読ませろと。

(無理やりは無理だよーと思いながら聞いていましたが)

 

なぜなら、英語もほかの言語も、あらゆる翻訳・通訳はAIに取って代われる技術がもうできつつあるのだそうです。

それは2045年なんて、私たちが引退しているかもしれない遠い未来の話じゃなくて、あと10年以内だそうです。

電話のこちら側では普通に日本語で話しているけれど、電話の向こう側では流暢な英語に変換されて聞こえてくる、とかね。

 

果たして本当かな?と思ってしまいますよね。

今の機械翻訳も昔に比べればだいぶ賢くなったけれど、実用レベルになるには、まだまだ時間がかかりそうな印象を抱いてしまいます。

でも、これまでのゆったりしたペースでの進化ではなくなるそうです。

そうした技術の進化のスピードは、直線的な右肩上がりではなく、ちょうど世界の人口の伸びのように爆発的にギュイーンと(語彙力…)上がるんだそうで。

あるところまで行くと、もうその進化スピードのグラフはほぼ垂直方向にのぼっていくイメージなのだそうです。

 

ここ数年間のうちに、単純に「英語が話せる」が大した武器にならなくなる時代がくるようですよ。

どこに金をかけるべきか?

ということは、教育熱心な親は時間やお金をかけて子どもに英語を習わせているが、その必要が、果たして10年後にあるかどうか、はなはだ疑問だと。

プログラミングも同様だそうで。

 

そんな話を聞いちゃうと、せっかく頑張っていろんなことを覚えたお勉強系の知識は相対的に価値が下がる可能性が高く、スポーツや音楽などの習い事の方が、人生が豊かになるという意味で、よっぽどよさそうかもしれないなーなんて考えちゃうんですよね。

年間約10万かかるけど、やらせてよかった習い事
人気の習い事、スイミング。体が丈夫になったり、かっこよく泳げるようになったりとメリットいっぱい。気になる費用やいつごろから始めるのがよいか、おすすめポイントを解説します。
楽器のできる子どもになってほしくて
小5の長男がエレキギターを習いたいと言い出しました。母としては音楽系の習い事をずっとやらせたかったので大歓迎。父も母も息子のギターデビューは応援したいと思っていますが…。

教育って未来への投資だと思うんですが、実りのないところに投資してもね…。

 

同時に、私自身の英語を勉強しようというモチベーションもダダ下がり…。

いや、単純にこれは私の怠けグセのせいなんですけども。

 

↓全国のワーママ奮闘中

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

 

↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムの事務職です。
夫と男児2人(小学6年生、1年生)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
子育て
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント

テキストのコピーはできません。