やっちゃった。近年稀にみる大失態。

自転車 子育て

先日、夫が泊りの出張だったため、いつもは夫にお願いしている、朝の保育園への送り当番を、久しぶりに私が担当することになりました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうかしてるぜ

保育園への送りにかかる時間を見越して、若干いつもより早めに起きて用意をしました。

荷物は持った。

忘れ物もない。

時間も大丈夫。

よし。

と思って、子どもを自転車の後ろに乗せて出発。

 

よく晴れた気持ちのいい朝で、鼻歌でも歌いたくなりそうな気分。

軽快にママチャリを漕いでいました。

 

が。

 

しばらくしてから、後ろに座った次男の不安そうな声。

「…ママ?」

「ん?どうしたの?」

と自転車を停めて後ろを振り返ると、不思議そうな表情の次男が私を見つめています。

 

 

・・・。

 

 

・・・。

 

 

 

・・・。(3秒経過)

 

 

あ、

やばい。

 

やっちゃった

なんという失態。

 

もう、大失態。

 

私、消えてなくなった方がいい。

 

 

保育園に寄るのを忘れるという。

 

 

ありえなーい。

にゃにゃにゃにゃーい。

とまこまーい。

 

「次男を保育園に送り届ける」

というミッションが、頭からすっぽりと抜け落ち、いつものように、家を出て、駅に直行するルートを快走していました。

何っにも考えてなかった。

無意識。

 

もうほんと、なんだろ。

若年性ですか、なんですか、これ。

きれいさっぱり忘れていた。

何の疑問もひっかかりもなく、駅に向かっていた。

やだ、こわい。

自分が、きょわい。

 

あわてて折り返し、保育園に送って、また駅に向かって、出勤時間にはギリギリ間に合いましたけど。

いつかやるとは思ってたらしい

出張から帰ってきた夫に話しました。

ニヤニヤしながら、

「基本、おっちょこちょいだもんね」

という、想定内でしたよ的な反応。

ええ。

そうです。

もう、何も言い返せません。

 

とにもかくにも、次男に対して申し訳なさすぎる。

いつもの保育園に向かう道とは、全然違う道を一心不乱に進む母の背中を、彼はいったい、どんな気持ちで見ていたか。

お迎えに行ったら、「ママー、朝さぁ、ぼくのこと、わすれちゃったのー?」と笑う次男。

母は、自己嫌悪です。

ごめんね、ごめんね。

忘れたわけじゃないんだけど…。

いや忘れたことになるのか、これ。

 

昔見た映画「ホームアローン」のお母さん、こんな気持ちだったのかもしれない。

なんかドタバタコメディ映画のイメージだったけど、母親になってから見ると、もうなんか、涙なしでは見れないんだよね。

忙殺されて息子を忘れる母親に、こんなに共感する日が来るなんて思わなかったな、あの頃。

あれ、そういえば、ホームアローンって続編もあったよね?

と思って調べてみたら、テレビ映画まで含めると「ホームアローン5」まであるらしい…。

いやいやいや、さすがに私も。

5回も子どもを忘れるなんて。

そこまでは、いくらなんでも。

しないと思うけど。

自信は、ない。

 

 

↓全国のワーママ奮闘中

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

↓参考にさせてもらっています
◇家計簿*お金事情*◇
初心者のための、マネー入門!
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
**男の子のママ・パパ**
子どものいる暮らし。
子育てを楽しもう♪

プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムの事務職です。
夫と男児2人(小学5年生、保育園年長児)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
子育て
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント