関白宣言のトラウマ

繋いだ手家族

近所のスーパーがね、なかなかクセが強くてですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

店内に流れる音楽

近所のスーパー、いわゆるチェーン店ではなく、ポイントカードもない、クレジットカードも使えない、地元密着のこじんまりとしたお店なんだけど。

店内に流れている音楽。

あれ、なんていうの、有線?

ずっと似たような歌がひたすら流れているんですね。

 

で、そのチョイスが独特っていうか。

基本的に昭和の懐メロがガンガン大音量でかかってんのね。

ピンキーとキラーズの「恋の季節」だったりとか。

恋の季節 / 今 陽子(ピンキーとキラーズ)

野口五郎の「私鉄沿線」とか。

野口五郎 – 私鉄沿線 – 1975

たぶんこの店の客層がさ、ほとんどが地域のジジババなんで。

そういう(ちょっと耳も遠くなった)客層に喜んでもらうための、大音量昭和歌謡ヘビーローテーションなんだと思う。

だいたい歌えてしまう私

私、小さいころ母に「あなたは耳がいいわね」と驚かれるほど、どこかで聞いた曲や歌をすぐ覚えてしまうという特技があって(今は無理)。

しかも、家ではテレビで「ものまね王座決定戦」とか「懐かしの名曲」みたいな番組をよく見ていたせいで、けっこう古い歌を知ってるんですね。

 

で、社会人になった私は、新人なのに明菜ちゃんとか百恵ちゃんとか、カラオケでおじさん受けする選曲して歌い上げていました。

だいぶ偉い人にも「君、若いのによく知ってるねー」とかわいがってもらいましたよ、ええ。

 

昭和のヒット曲って、すごくキャッチーだし、イントロからインパクトが強くて、サビも気持ちよく歌えるから、耳に残るんだよね。

家に帰ってからも、しばらく頭の中で鳴りやまなかったりする。

だから近所の爆音昭和歌謡スーパーに行くのも、これはこれで結構楽しみにしてるんです。

この曲だけは無理

だけど、この曲がかかったときは、さすがに無理だったよね。

関白宣言 # さだまさし
【歌詞Url】※わざわざ歌詞のUrlとリンクさせとるのにご丁寧に書き込むガゐジは速攻でブロックするで。たまに著作権侵害の警告がくるから洒落にならんねん。

ご存じの方も多いと思う。

「お前を嫁にもらう前に、言っておきたいことがある」で始まる歌。

 

にゃんぱく宣言の方が最近は有名ですかね。

あっちは猫ちゃんの安全のために正しいことを歌っていて、かわいいんだけどさ。

 

オリジナルのこっちはなかなかすごいんだよ、前半の歌詞が。

ちょっと抜粋するね。

「俺より先に寝てはいけない 俺より後に起きてもいけない」

「姑 小姑 かしこくこなせ たやすいはずだ 愛すればいい」

「俺は浮気はしないと思うが ちょっと覚悟はしておけ」

「お前は俺のところへ家を捨てて来るのだから 帰る場所はないと思え」

無理無理無理無理。

あー、やだ、じんましん出てきそう。

ほんっと、現代だったらパチパチと音を立てて、よく燃えそうな歌詞ですね。

 

この曲を支持する人は、「いいから黙って曲を最後まで聞け」と言う。

最後には、「俺の愛する女は生涯お前ただ一人」で締めくくるから、心の奥底では奥さんを愛している、男の気持ちを歌った、いい歌なんだと主張する。

結婚前に男らしいところを見せようとしている、家族を背負う覚悟を歌った、健気な愛の歌なんだと擁護もする。

さだまさしという人は本当にすごい人で、この人だから成立する歌であることは確かです。

実際ヒットしたし、そこはさすがに認めてます。

 

でもね、もはや、そういう問題じゃないんだよ。

曲の構成上、この吐き気のするAメロは、後半に盛り上げてぐっとこさせるためのフリなわけで、だからこそだいぶひどいことをわざと歌っているんだけど。

すでにそれが私の許容範囲を超えちゃってんの。

 

この歌詞を聞くだけで、おぞましいと感じない現代女性がいるんだろうか?

私は無理です。

とにかく無理です。

これが愛情の裏返しだと言うのなら、そんなめんどくさい男はいりません。

 

聞いているだけで胃のあたりがムカムカ気持ち悪くなって、とにかく早く会計を済ませ、店を飛び出しました。

トラウマ蘇る

でね、この曲が店内でかかったときに、急にフラッシュバックしてきた記憶があるんです。

夫の一コ前に付き合ってた彼氏が「この関白宣言って曲、すごくいいから聞け」って言ってたの。

うああ、鳥肌立ってきた。

ぞわぞわするー。

そいつ曰く、「この曲の表面的なところを捉えて、さだまさしが本当に言いたいことをつかめてない奴が多すぎる」って。

 

いやいや、無理だろ。

妻になる人に向かって、人権侵害みたいなことほざいて、それでも俺が仕事してお前を養っている=愛している、だからすべて許されるはず、という神経が無理なんだって。

妻に強いている負担と、その見返りがアンバランス過ぎるんだって。

亭主関白とか、何言っちゃってんの?

曲が作られた当時はそれでもよかったかもしれないよ?

今はもう、そういう時代じゃないからね。

 

それよりなにより、

我慢強く最後の歌詞まで聞くまでもなく、

曲の全体像をとらえるまでもなく、

意図を深読みするまでもなく、

妻を「お前」と呼んでる歌い出し時点でアウトなんだよ、こっちはよ!

 

それなのに、たいして私と年も変わらないのに、この曲を是とする感覚の男とは、本当に別れて正解だと思った。

つーかなんでそもそも付き合ってたのか謎。

どこがよかったんだ、あんな男の。

消し去りたい過去。

人生の汚点。

黒歴史。

あぶなかった

急いで家に帰って、買ってきた刺身と豆腐と野菜を冷蔵庫にしまい込みながら、しみじみ思いました。

「今の夫と結婚出来てよかった…」

夫は私をお前と呼ぶことは一度もなく、虫も殺せない優しさでできている人です。

もし、血迷ってあの「関白宣言いいんだよ男」と結婚してたらと思うと…。

「…あっっぶねぇぇー」

 

余談なんですけど、その後、この関白は失脚します。

ざまぁ(笑)

綾小路きみまろ並みに、おばさん化した妻をディスった後、いい人生だったと1人で悦に入り、最後は濡れ落ち葉が、自らを、みんなを鼓舞しまくっている(マジウケる)。

関白失脚

やはり茶目っ気ある歌い出しで始まり、ラストを感動的に持っていくさだまさしの技量はすごいし、素敵な歌だと感じる方もいると思いますが、ごめんなさい。

やっぱり私には無理です。

 

↓いろんな形があっていいと思うけどさ。
我が家の旦那様
おもしろ夫婦
主婦のストレス
幸せ家族日記
夫婦、夫、妻

 

↓全国のワーママ奮闘中

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムのオフィスワーカーです。
夫と男児2人(中学生と小学生)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
家族
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント

テキストのコピーはできません。