2人目どうする?彼女と私の事情

きょうだい子育て

大学の同級生と久しぶりに夜の飲み会。

みんなアラフォーのママです。

話題の中心は子どものこと。

日々のトンデモなエピソード(特に男子)とか、あるある〜な話は共感が止まりません。

 

そんな中、まだ1人目が小さいママは、悩んでいました。

2人目のことで。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2人目出産の何が不安かって

2人目を産んで7年も経っちゃって、「もう当店は、閉店ガラガラ」と思っている私なのですが、同級生の話を聞いているうちに、だんだん思い出してきました。

もう1人子どもがほしい、と思うときに、ふっと湧き上がる不安。

 

仕事と育児の両立は?

生活はどう変わっちゃうの?

きょうだいの年齢差って何歳がベストなの?

上の子、赤ちゃん返りしない?

教育費とか、大丈夫?

2人目できて、本当にやっていけるの?

 

悩みは尽きない。

あの、家族構成が確定しなかった時期って、なんだか落ち着かなかったなぁ。

いろいろ考えちゃって、頭がなかなか整理つかなくて。

子ども用品や小さくなったお洋服、「また使うかも」って思うと部屋の整理もつかなくて。

一人っ子を持つママの悩み

30代後半に女の子を生んだ同級生。

「2人目どうする?」の迷いの真っただ中にいました。

 

彼女自身は3人きょうだい。

たくさん喧嘩もしたけれど、やっぱり賑やかで楽しかった子ども時代だと言います。

やはり自分の子にも、きょうだいを作ってあげたいという気持ちがある。

一方、年齢を重ねた分、仕事の責任も重くなってきた。

職場は簡単に休める雰囲気ではない。

それに、やはり高齢出産ということで、自分も赤ちゃんも、健康に順調にいけるのか不安もある、と。

タイムリミットが近い

同級生みんな、新生児を持つということがどれだけ大変か、身に染みてわかっています。

誰も「案ずるより産むが易しよ、大丈夫、なんとかなるわよー、アッハッハー」というような、無責任なアドバイスはしませんでした。

そうだよねー、不安だよねー、悩ましいよねー、と。

 

しっかり悩みぬいて、旦那さんともよく話し合って。

自分がどうしたいか、家族としてどうありたいか、納得できる答えを探してほしい。

ただ、赤ちゃんを授かれる体の機能の衰えは、容赦してくれない。

時間をかけて結論を出した上で、2人目に前向きになったとしても、思うようにいかない可能性だってあるわけで。

だったら急いだほうがいい、とも思うけど。

なかなか踏ん切りがつかない気持ちはよーくわかる。

そんなふうに見えますか

そんな彼女は、飲み会の間ずっと、私の話すことに

「いいなー、いいなー」

と言います。

 

30代前半で出産を終えて、子どもは2人とも小学生。

けっこう身軽に、出張だ、推しのライブだと動き回る私。

小さい子を抱えて、2人目どうする?とモヤモヤしている自分と比べて、

人生のもっと先に駒を進めていて、いろんな悩みから解放されているように見えると。

 

そうかい?

 

私自身、2人目は「万全の体制が整いました、さぁバッチコーイ!」という状態ではなかったけど。

もう少し年齢差が小さいほうがよかったかなとか思うけど。

女の子、羨ましいなって思うけど。

子ども3人いる人も、楽しそうでいいなって思うけど。

逆に一人っ子も、兄弟喧嘩はないし、じっくり子どもと向き合えていいなって思うけど。

もっと出産遅らせてたら、20代をフルに楽しめたかもって思うけど。

いや、逆に20代で出産終えちゃえば、今もっと自由だったかもなんて思うけど。

弁当作りが大変な学童より保育園はよかったなと思うけど。

小学生って生意気で本気でムカつくんだけど。

若いうちに仕事バリバリしてある程度のところまで行ってたら、育休後もマミートラックにハマらなさそうでいいなって思うけど。

専業主婦も、あくせくしてなくていいなって思うけど。

なんだったら、子どもなしの人も自由でいいなって思うけど。

 

そんなの言い出したらさ、うらやましさには際限がない。

だって、何かを選ぶということは、それを選ばなかった場合の可能性を絶つということなんだから。

人生で起こる全部のパターンを試す事なんか出来ないし。

攻略本で予習もできないし。

リセットボタン押して最初からやり直しとか出来ないし。

もうぶっつけ本番を生きるしかないじゃない!!

それが生きるってことでしょ!

ねぇそうでしょ!

最後は、彼女を励ましているんだか、自分を励ましているんだか、よく分からなくなった夜でした。

 

 

↓生きてるだけで丸儲け
日常の小さなできごとを愛する生活
健やかに賢く育てたい親たちのブログ
ベビ待ちの本音☆はきだしちゃおっ!!
子育てで困ったこと。

↓全国のワーママ奮闘中
にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムの事務職です。
夫と男児2人(小学6年生、1年生)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
子育て
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント

テキストのコピーはできません。