子育ての悩みを解決しようとして、次男に弟子入りしてみました

泣き叫ぶ男の子 子育て

お兄ちゃんとケンカになると、顔を真っ赤にして、もう手がつけられないほどギャン泣きしてしまう次男、5歳。

ちょっと前までは、

さあ、お母さんの胸に飛び込みなさい~と

聖母(マドンナ)たちのララバイを口ずさみながら両手を広げるだけで、

「あーん、ママ~」と泣きながら寄ってきて、

抱っこしてあげたら泣き止ませることができていたのですが、最近は。

 

泣いてる時に母が手を広げただけで、激しく拒否反応。

このオレを子供扱いするなど、言語道断!っと言わんばかりに、

さらに大声で叫んで怒るように、

「やめてよ!あっち行ってよ!うおーん(泣)」

 

正直、どうしたものかなーと悩んでいたところ。

 

何日か前、寝かしつける時に、

「ママー、もっとこっちにきてよー」と

甘えモードだったので、

この悩みを本人にぶつけることにしてみました。

 

本人の気持ちは本人が一番よくわかっているはず。

赤ちゃんではなく、もう喋れるのだから、

ここは次男という師匠に弟子入りして、

ご本人の口から教えを請おうと思ったわけです。

 

「ねぇ、お兄ちゃんに泣かされて怒ってる時は、

ママはどうしたらいいのかな?

ママにどうしてほしいの?

わからなくて困ってるんだけど、教えてくれない?」

 

・・・・・

 

しばらく無言で考えたあと、口を開く師匠。

「あのね、泣いてる子にはね、ティッシュで涙を拭いてあげるの。」

 

ふむふむ、なるほど。

まず涙を拭いてほしかったのか、と。

母さん手順を間違えてたのね。

いきなり岩崎宏美で抱きしめにいっちゃダメなのね。

涙を拭いてからね。

 

「それから、頭をね、いい子いい子してあげるんだよ。」

 

ほうほう、頭をね。

じゃあ、涙を拭いてから頭を撫でてあげると。

 

「それからね、何か面白いことやって笑わせて。

 

 

 

 

は?

 

「だからね、泣いてる子が泣くのやめて、笑っちゃうようなことやって。」

 

ま、まじすか。師匠。

いま、急にハードル上げませんでしたか?

 

さっき弟子入りしたばっかりで、

まだペーペーなんですけども、自分。

道端で会った人にいきなり、おもしろいことやって、と無茶振りされるお笑い芸人の心境が今ならわかる気が。

 

「…あ、あのー、笑っちゃうような面白いことって例えばどんな感じですかねー。」

これもご本人に聞いてみる。

「えーママ、そんなこともわかんないの?」

「すいません。師匠。」

「アパーとかだよ。」

「ア、アパー?」

「そう、アパーって。」

「あ、オードリー春日のアレですか。」

「違うよ、こうだよ。」

と言いながら師匠が見せたのは、

仰向けに寝転がって

アパーと言いながら、

手と足をパカっと広げる動作。

 

ちょっと待ってね、下手で申し訳ないけど

絵にするとこんな感じ…

男の子が仰向けで手足を広げる画像

 

 

 

…おい、息子よ。

 

 

 

それのどこがおもしろいのか。

 

 

という言葉をぐっと飲み込み、

「こ、こうですか。師匠?」

アパー…

「違うよ、もっとこう、アパー!って。」

「え、どこが違うの。わかんないな。」

アパー?

「そうじゃないよ、アパーだよ!」

 

とにかくアパーという謎のギャグを体得しないことには、

今夜は寝かせてもらえない。

灰皿を投げつける蜷川幸雄ばりの演技指導の下、

間抜けな格好のギャグを何十回とやらされて、

「まぁ、そんなもんかな」とアパー師匠のお墨付きをもらい、

その日は眠りにつきました。

 

 

その翌日、

早速、その方法を試すチャンスは

やってきました。

 

ご飯を食べた後、

これと言った理由がないのに

なんだか急に機嫌が悪くなり、

自分から布団に寝転がって、

うーうーと唸っている師匠。

 

母はピーンときましたよ!

 

これは、あの特訓の成果を試す時だなと。

もしかして師匠は、

あえて自分に実践の場を提供してくれているのではないかと。

 

よーし、まずは教わったとおりに、

ティッシュでやさしく涙を拭いt…あ、出てないか。

(そうだ、師匠は本当に泣きたいわけではなく、

自分を試すために機嫌の悪いフリをしてくださってるだけなんだ)

 

えっと、次なんだっけ、

あ、いい子いい子だ。

と、頭を撫でようと手を伸ばす私。

しかしその手を払いのけ、まだ怒って泣き叫ぶ師匠。

(す、すごい。師匠、迫真の演技ですね)

 

 

…わかりました。

とうとうこの時が来たのですね。

 

ここはやはり、あのギャグの出番なんですね、師匠!

師匠も本気でぶつかってくださってるんだ、自分も本気でいきます!

見ててください、師匠!

 

つってね、やってやりましたよ。

師匠の目の前で、

渾身の、最大限のやつを。

 

 

はい、アパー!

 

 

どうですか、師匠、今自分にできる、

ベストオブベスト、アパーオブアパーですよ。

見ててくれましたか。

笑ってくれますか。

 

師匠、ししょ…

 

「うぎゃー(怒)!」

 

(ドスッ)

 

怒り狂った師匠の

かかと落としが

無防備な私のわき腹を直撃。

 

悶絶する私。

なおも叫び続ける師匠。

 

し、師匠、話が違う…。

 

※師匠は、ほんとに眠くて機嫌が悪いだけでした。

 

教訓:荒れてる5歳児には手を出すな!

 

 
にほんブログ村テーマ **男の子のママ・パパ**へ
**男の子のママ・パパ**

↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムの事務職です。
夫と男児2人(小学5年生、保育園年長児)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
子育て
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント