運用開始から約半年が経過したソーシャルレンディングの運用実績

お金と時計 家計

今年の春からソーシャルレンディングでの投資を始めてみました。

ちょうど半年ほど経ちましたので、成績を見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

半年運用した結果

ソーシャルレンディング事業者の中でも大手のmaneoには、50万円の元本を入金して運用中。

半年の運用の結果、税引後の配当金額は13,119円。

年率に直すと5.24%の運用をすることができました。

6-7%ぐらいを想定していたのですが、それを下回りました。

 

原因としては、想定していたよりも繰り上げ返済が多かったことですかね。

 

住宅ローンの繰り上げ返済すると、利息が入ってこないので銀行がもうかりません。

それと一緒で、ソーシャルレンディングでは投資家が金を貸している側になるわけなので、予定よりも借り手からの繰り上げ返済(償還)が早くあると、運用益が上がりません。

しかも、早期償還されたことに気づかない時期があって、現金で口座に置いてしまった期間がありました。

これは反省点です。

その間は運用に回せていないので、もったいないかったですね。

 

しかもソーシャルレンディングの場合、募集開始から運用開始(貸付実施)までの間(案件により1週間~10日ぐらい)は利息が付きません。

繰り上げ返済されてから口座に資金が戻ってくるまでの期間(こちらも10日ぐらいかな)についても同様です。

口座に資金があっても利息を生まないブランクが発生してしまいます。

当初予定されていた運用期間より早く元本が戻ってきてしまったら、次の案件を探して投資しないといけません。

でも、すぐに投資したいと思う案件が見つからない可能性もあります。

あんまり頻繁に償還→再投資というのが生じると、利回り下がってしまいますね。

これは今後、もう少し気を付けていきたいところです。

 

それでも基本的にはほったらかしでいいので、定期預金を税引き後5%以上で預けてるのと感覚的には変わらないかな。

ずぼらな人には合っているかも。

株価が乱高下してても関係ない

ソーシャルレンディングは「景気の影響を受けない」というのが特徴の1つ。

予め運用利率が定められていて、基本的には申し込んだ時の利回りでリターンが期待できます。

いくら為替や日経平均株価が乱高下しても、世界情勢が荒れても、ソーシャルレンディングの利回りに直接影響することはありません。

 

そりゃーもちろん、お金を借りている事業会社の財務状況が、不況のあおりを受けて悪化し、回収が滞るということはあり得ます。

最悪は貸し倒れですが、それに備えて、不動産を担保にしてお金を貸すような、比較的安全な案件を選ぶようにしています。

株価が半分になったからって、すぐさまビルや土地の値段まで半額になったりはしないでしょうから…。

ものすごく儲かるわけではないけれど

株・仮想通貨・FXなどはビッグウェーブをつかめれば大きく勝つことができる投資です。

その逆も然り。

一方のソーシャルレンディングは利回りが固定されています。

突然景気が良くなっても、その恩恵にはあずかれません。

しかし不況時にも、安定した収益を生み出してくれそうです。

大勝ちは出来ないけど、大負けもしない投資といえます。

あ、もちろん貸し倒れのリスクはゼロではないですけどね。

 

少なくとも、あんまりマメな性格ではない、かつ、含み損抱えるとオロオロしがちな私には合っているように思います。

値動きがないので、投資にスリルを求める方には、つまんないといえばつまんないかも。

あなたの性格や考え方によって運用方法は変わってきます。

自分に合いそうな投資を選ぶことをおすすめします。

 

↓参考にさせてもらっています
◇家計簿*お金事情*◇
初心者のための、マネー入門!
株式、株式投資、株取引
貧民の貧民による貧民のための投資
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

↓全国のワーママ奮闘中

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

 

↓応援クリックお願いします。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

プロフィール
つむぎ

都内在住のアラフォーのワーママ。
フルタイムの事務職です。
夫と男児2人(小学5年生、保育園年長児)の4人家族です。

フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
家計
スポンサーリンク
記事に共感できた・役に立ったと思ったら、ぜひシェアしてください。
フォローいただけると、ブログ更新を見逃しません
母さん、あんまり無理しちゃいけないよ

コメント